スペイン旅行・ポルトガル旅行ならパラドール&ポザーダ日本唯一の総代理店「イベロジャパン」へ!

パラドールの魅力
観光の中心地ヨーロッパ、そしてその中の歴史と文化の宝庫スペインには素晴らしいホテルがたくさんありますが、スペイン独自に開発され国営のホテルとして世界中の脚光を浴びているのがパラドールなのです。

ベガ・インクラン伯爵が(現国王の祖父にあたる)アルフォンソ13世に提唱して自分の所有するグレードスの狩猟の為の山荘改装し1928年にパラドールとして公開したのが第一号です。その後、貴族制度の崩壊と共に荒れ果てていた昔からの歴史的建造物である古城や宮殿、修道院といった文化財を国家で買い受けあるいは借り受けて修復を施しホテルとして見事に蘇らせることに成功したのです。

文化財の保存の費用を生み出し、宿泊客からは一級の設備の整ったホテルでありながら、実在の歴史上の人物がかかわった城や宮殿に実際に触れ、中世の旅が味わえるということで世界中の旅行客から人気を集めているのです。アルハンブラ宮殿の修道院を利用したホテル・サンフランシスコや神聖ローマ帝国皇帝を兼ねたカルロス5世が住んでいたハランディージャ・デ・ラ・ベラなどは特に有名です。

また文化財の建物ではないけれども歴史・文化遺産の町を楽しむために作られたパラドールもあります。トレドやセゴビアのパラドールが代表ですが、これらも決して決して周囲の雰囲気を壊すことなく、その地方特有の建築様式で建てられたり、内部もパラドールの特色の一つである広々としたサロンや庭で宿泊客を楽しませています。

もう一つは自然とのふれ合いやスポーツを楽しむための施設としてのパラドールです。多くは国立公園や自然公園の中にあり、他の民間施設が建築を許可されない地域にあるため、ゆったりとした自然環境の中でスキー、トレッキング、マリンスポーツ、ゴルフなどを楽しむことができるのです。マラガ・ゴルフやエル・サレーヌなど有名な世界的に有名なゴルフコースを持つパラドールもあります。

文化財の保存や修復の費用を生み出し、旅行客には満足とスペインという国の歴史と文化に興味を促し、自然環境の保護にもなるという、正に一石三鳥、四鳥にもなるというスペイン政府の大ヒット施設と言えるでしょう。またパラドールは宿泊客ばかりでなくレストランや庭の散策、一部のサロンの利用は誰でも利用できるし、その町の結婚式などのパーティー会場としても利用され地元住民の誇りの施設でもあるのです。

パラドールの旅の魅力を味わうのには、可能なら各3タイプのホテルに2泊ずつ位泊まり、ゆったりとサロンでくつろいだり、町を散策したりするのが理想だと思いますが、パラドールは大都市から離れていてアクセスが大変なのと予約が取りにくいのが難点と言えるでしょう。パラドールの旅行を楽しむのにはレンタカーを利用した自由旅行が一番ですが、最近パラドールを数カ所含めたツァーもあるようなので、それを利用するのも一案だと思います。